Return to site

ひょうたんの踊り場

ずぶとじぶ(赤松みさき・中西ちさと)

コンテンポラリーダンサー・振付家である中西ちさと(ウミ下着・主宰)と、

ことばの美術家赤松みさき(ずぶの学校・校長)による

パフォーマンスユニット・ずぶとじぶの初企画。

空堀の町を歩きながらダンスと物語を見つける探検型作品です。

*MAPには「展示」と表記されていますが、正しくは「公演」プログラムです。

 ご迷惑おかけして申し訳ありません。

 舞台ではなく、まちを移動しながら楽しむダンス作品をお楽しみください。

■日時

4/29(土)12:00~、15:00~

■料金
1,500円

■定員
15人

■会場

集合場所/複合文化施設「萌」 の建物前

大阪市中央区谷町6-5-26

■webサイト

ずぶとじぶwebサイト / https://zubutozibu.tumblr.com/

■作家情報

ずぶとじぶ

コンテンポラリーダンサー・振付家である中西ちさと(ウミ下着・主宰)と、ことばの美術家赤松みさき(ずぶの学校・校長)によるパフォーマンスユニット。この度初お目見え。

https://zubutozibu.tumblr.com/

中西ちさと(Chisato Nakanishi) 

大阪府出身。ウミ下着代表・振付家・ダンサー。近畿大学でコンテンポラリーダンス・ポストドラマ演劇を学び、在学中にダンスパフォーマンスグループウミ下着を結成。自らの体験や視点から社会をとらえる作品については「生きるということを常に問い、哲学を踊っている」と評される*1。国内ダンス留学@神戸(主催:NPO法人ダンスボックス)一期生。エイチエムピー・シアターカンパニー、劇団衛星への振付や、上田誠、ウォーリー木下、筒井潤の作品に出演するなど、演劇・ダンスの垣根を越えて幅広く活躍。また、釜ヶ崎芸術大学ダンス部顧問。西宮市観光キャラクター みやたん『みやたん音頭』の振付、子供向け劇場ツアー『劇場へようこそ!』の構成・演出なども行う。*1 エンタメウスhttp://entermeus.com/94511/

ウミ下着 http://umishitagi.com

映像 

ウミ下着「健康の話」https://www.youtube.com/watch?v=wFpWur4Umws

赤松 みさき(Misaki Akamatsu)

1986年大阪生まれ。 高校国語教師。絵や文をかいたり、ぬいぐるみ、かばん、バッチを作ったりするのが好きで、

2015年、ことばと創作のゆるいまなびや「ずぶの学校」を設立し、校長に就任。

創作会、発表会(作品展示・音楽ライブ・人形劇)の開催、フリーペーパー・和綴じ本の発行、出版など、

文学・美術・音楽を通じて、ゆるい社会活動を行う。

ずぶの学校のホームページ https://www.zubunogakkou.com/

■過去作品

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly