Return to site

まちなか悲劇シミュレーション

椎名保友

· ワークショップ

まちなかでアクシデントが起こったら、あなたはどう振る舞い回避するのか?

もしくはそこから人生を転落させていくのか?

テーマは「生きづらさの顕在化」と「他者目線」。

まちを歩いているときに起こりうる悲劇・・

大災害や戦乱、事故に遭う、思わぬ人に出会い人生が狂っていく等。

人生は一寸先に闇。

人間は災難に遭うと人生を見失い、弱いところが浮き上がってきます。

からほりを歩き、

こんなことが起こるとあなたの身にどんなことが降りかかるのか、
またその横にいたらどう一緒に巻き込まれていくのか?

という悲劇を参加者で一緒につくってシミュレーションしていきます。

悲劇の主人公になることも、

悲劇の傍観者のつもりがどんどん巻き込まれていくこともあります。

悲劇をシミュレーションすることと最後は静かに向いあうワークショップです。

最終日(5/6)のみ、「まちなか被災シミュレーション」として開催します。

ある地点で地震が発生したと仮想し、そこからみんなで避難シュミレーションをします。

■日時

4/15(土)15:00~

4/19(水)18:30~*都合により中止になりました。

4/24(月)18:30~*都合により中止になりました。

5/6(土)15:00~

*所要時間は2時間半程度です。

■料金
800円(ペア/1,200円、トリオ/1,500円、リピーター/500円)

■定員
各1~5人

■会場

集合場所/複合文化施設「萌」 の建物前

大阪市中央区谷町6-5-26

■申込

メール/p2oideya@yahoo.co.jp

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly